玉井倶楽部

玉井裕也のはてなブログ

アート

ポーラ美術館「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」

ポーラ美術館に初めて行った。東京銀座にあるポーラミュージアムアネックスにはよく行くのだけど、ポーラ美術館は箱根ということもあって行けずじまいになっていた。そのポーラ美術館が、これまでと変わって最近は現代美術の展覧会をするようになった。 今回…

第23週の展覧会めぐり

出かけたついでや移動する途中で寄り道するというだけで展覧会というのはけっこうたくさん見られるものだと感じている。だけどギャラリーの場所が頭に入っていないと、寄り忘れたって後悔することもある。最近はおもしろい展覧会が多くて楽しい。ただ、大移…

第22週の展覧会めぐり

週末に多治見と江南に行った。3つのギャラリーで同時に新里さんの展覧会がやっている、となれば3つとも行くしか無い。新作もありそれぞれ違った雰囲気でよかった。それからようやく多治見市モザイクタイルミュージアムが開館した。藤森照信さんの建築なのだ…

第21週の展覧会めぐり

この週はなかなか時間がなくて、用事の途中で立ち寄った一箇所だけだった。 5月29日(日) 「世界から part Ⅳ」 GALERIE hu: 152/366

第20週の展覧会めぐり

この週は平日の夜にイベントに行くことができた。仕事の後に展覧会やそのオープニングパーティーに参加できるというのはとても楽しいし、一日が充実した気分に慣れていいもんだなと思った。 5月20日(金) 「小川智彦 アレック・フィンレイ MOUNTAIN LINE / …

第19週の展覧会めぐり

週末に東京に行く用事があったので、ついでにいろいろ見て回った。用事と言っても実際には日曜日の半日だけだったののだけど、ちょうどアートフェア東京や気になる展覧会も重なっていたので、せっかくならということで1泊2日でまとめていっぱい見に行った。…

第18週の展覧会めぐり

ゴールデンウィークということで黄金伝説展に行ったり、いろいろぶらぶらした。連休だからといってあまりに無茶苦茶なペースで展覧会を回るのは後でつかれるなと感じることも最近は多い。 5月1日 「黄金伝説展 燦然と輝く遺宝 最高峰の文明展」 愛知県美術館…

第17週の記録

ゴールデンウィークのせいか、ギャラリーに行ってみたけど閉まっていた、ということが何度かあった。逆に美術館は曜日に関係なく開館していたりという感じ。最近は遠慮無くギャラリーや美術館に電話して何時まで開いているのか聞くことが増えた。無駄足だっ…

第16週の記録

この週も多くはないけれど見に行った。いつもの生活圏内に意外なところにギャラリーを発見できるのは田舎ぐらいしではなかなか経験できない楽しみである。 4月21日 「馬川晴美新作陶展」 one over f g-style 4月24日 「ひびのこづえ展」 ギャラリー数寄 「米…

第15週の記録

春になって展覧会も増えた。岐阜市では「タウンミュージアムぎふ・ぎふの画廊巡り」という毎年恒例のイベントでいろんな画廊・ギャラリーで同時に展覧会が開かれていて私もそのなかのいくつかを見に行くことができた。 4月16日(土) 「若尾利貞 楽」 Galler…

第13週・第14週の記録

職場も変わって物を運んだり何かと忙しくて展覧会には行けなかった。だけど職場(名古屋市立大学)近くの山崎川ぞいの桜を見に行ったり、薬学部のキャンパスで開かれているお茶会に行けたのはよかった。

第12週の記録

3月27日(日) 「徳丸鏡子展」 目黒陶芸館別館(八郷・旧平田邸書院) 「駒井正人展」 ギャラリー数寄 「後藤秀樹展」 ギャラリー数寄 85/366

第11週の記録

年度末でレポート作成などいろいろあってどこのギャラリーも美術館も行けなかった。たまにはこういう時もある。

第10週の記録

週末に1泊2日で東京に行く用事があったのでそのついでにいろいろな美術館やギャラリーを見て回った。 イベントやオープニングパーティーも多くていろんな人にあった。 3月12日 「ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏」 東京ステーションギャラリー 「ベン…

第9週の記録

この週はいろいろ溜まっている仕事をやっているだけで、まったく展覧会を見られなかった。反省。 54/366

第8週の記録

2月26日 「翔美会展」 岐阜高島屋美術画廊 2月27日 「受贈記念 山田光展 ー走泥社とともに」 岐阜県現代陶芸美術館 「アール・ヌーヴォーの装飾磁器 ヨーロッパ名窯 美麗革命!」 岐阜県現代陶芸美術館 「第60回記念 現代書道二十人展」 松坂屋美術館 「原憲…

第7週の記録

一日ごとにギャラリー巡りの記録を書くと大変なので週ごとにまとめて記録することにした。 2月20日 この日は名古屋工業大学で、インターナショナル・オープンデータ・デイのプレイベントになる「データ見える化ワークショップ(IODDプレイベント)」があった…

2月14日の記録

この日も東京で予定があり、その帰りに幾つかの美術館を回ることが出来た。 「オノ・ヨーコ|私の窓から」東京都現代美術館 「東京アートミーティングⅥ "TOKYO"-見えない都市を見せる」東京都現代美術館 「「第19回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」展」川崎…

2月13日の記録

この日は東京に用事があったのでその空き時間に都内のギャラリーを回った。 「恩地孝四郎展」東京国立近代美術館 「ようこそ日本へ:1920‐30年代のツーリズムとデザイン」東京国立近代美術館 「文字の力・書のチカラIII ―書の流儀」出光美術館・東京 「はじ…

2月6日の記録

この日は多治見に行った。 「やきものの現在 土から成るかたちPartⅩⅣ」ギャラリーヴォイス ずっと続いているシリーズで、今回は川浦紗季、川端健太郎、原山健一、古井晶子、堀香子、松村淳の6人を紹介している。外舘和子さんがコーディネーターのシンポジウ…

1月30日の記録

1月30日は午後から岐阜と江南市に行った。 「メディアコスモス新春美術館 色即是芸」みんなの森 ぎふメディアコスモス みんなのギャラリー 岐阜の8つのギャラリーや画廊がそれぞれ岐阜に所縁のある作家や作品を見せるという展覧会だった。普段は地元の作家と…

1月17日の記録

1月17日は芦屋に行った。 「戦後のボーダレス―前衛陶芸の貌 Borderless Communication after 1945」芦屋市立美術博物館 現代陶芸の始まりとよく言われる四耕会や走泥社のメンバーの作品と、彼らと当時の前衛芸術と言われていた人たちとの交わりについてもま…

1月16日の記録

1月16日は瀬戸から出発して名古屋市内まで見て回った。 「煎茶 ―山本梅逸と尾張・三河の文人文化―」愛知県陶磁美術館 初日に見に行った。開会式にも参加した。開会式の挨拶にもあったけれど、お茶といえば抹茶の時代で、煎茶というのは現代では影が薄くなっ…

1月11日の記録

1月11日は名古屋市内を歩いて回った。 「ピカソ、天才の秘密」愛知県美術館 1月3日から始まった展覧会で美術館としてもかなり力(もお金も)が入っているらしい。青の時代とバラ色の時代の作品が主だった。ポスターにもなっている「扇子を持つ女」は解説にも…

1月10日の記録

1月10日も天気が良かった。 「第10回なうふ坂アートフェア」 なうふ現代 新春恒例の企画なのだけど、いろいろな作家の作品が見られるのは楽しい。アート福袋があった。いったいなにが入っているのだろう。 「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20′s Paris…

1月9日の記録

1月9日(土)の展覧会巡りについて記録する。 「新ナゴヤ島」 名古屋市民ギャラリー矢田 「記憶のはがし方プロジェクト 日本家」名古屋市民ギャラリー矢田 そのあと、むらさきやでうぐいす餅をみつけて 「ALBARRAN CABRERA写真展 This is you これはあなた」…

四神の書-上田桑鳩・手島右卿・金子鷗亭・桑原翠邦-@文化フォーラム春日井・ギャラリー

最近ちょっと書の展覧会に行くのがマイブームになりつつある。「とめはねっ! 鈴里高校書道部」というスピリッツに連載中のマンガを読んでいるのだけど、そこに登場する作品を実際に見てみたいというのがきっかけだ。なにか面白い展覧会やっていないかなと探…